翻訳家となって変わったこと

翻訳家となって変わったこと

あまり身近ではないお仕事、翻訳家。

だからこそ、翻訳家になって変わったこと・感じたことが多くあります。

普通のお仕事では味わえないのが翻訳家のお仕事です。

在宅翻訳アカデミー公式HPへ

翻訳家になってみて

どこにでもいるような平凡な女子大生である私が、翻訳家になってどう変わったのか。

これを一例だと思って、皆さんの生活に当てはめてみて考えてください♪

翻訳家になる前と後での変化

今までも大学に通いながら在宅翻訳アカデミーを受講して翻訳家になった人はいたはずです。

ですが私の場合、と言いますか、今年の場合はコロナの影響があり、バイトも休業してしまい、学校へも行けなくて時間を持て余していましたw

ですから多少特殊な状況下でプロの翻訳家になれましたが、それでも普通に大学に通い、普通にバイトをしながらでもプロの翻訳家になれたと思います。

そして始める前と後で変わったことがあります。

収入が増えた

居酒屋でバイトをしていた時は時給1,200円の5時間で日給は6,000円。それを月に15日くらい働いていたので月に9万前後の収入がありました。

これでもかなりバイト入っていた方だと思います(;’∀’)

翻訳家としてお仕事が貰えるようになってからというものの、家に居ながら1日1時間程度のお仕事を週5くらいで続けていたら初月だけで余裕で10万超えました。

更に実績がついて高単価のお仕事を貰えるようになると同じ時間でも2倍にも3倍にもなりました。

自分で言うのもなんですが、この年でまだ本業としてやっているわけでもないのに、こんなにも収入がある人って世の中そんなにいないと思います。

これは一番変わった部分かもしれません。

時間に余裕が出来た

バイトに行くには通勤時間が生じます。そして決まった時間働きます。

翻訳家になればまず通勤時間なんてありません。自分の好きな場所でやるだけなので。

お仕事も慣れてくると効率良く出来るようになるので、同じ内容でも短い時間でこなせるようになります。

早く終わった分、自分の自由な時間になるので、いつでも時間に余裕があるように感じます。

新しい趣味が出来る

収入も増えて時間にも余裕が出来ると、何かしらの理由で今まで気になっていたけど手を出せなかったことにも挑戦出来るようになります。

それが自分にハマれば新しい趣味となって新たな道が開かれます。

私の場合、今までジムに通いたいけど人がいるとやりにくいなぁ…と思って遠ざけていました。

そんな私が今では、個室でパーソナルトレーナーのトレーニングを受けているんです!

それもすべてお金と時間に余裕が出来たからと言えます( *´艸`)

自己管理を意識するようになる

翻訳家のお仕事はノルマもなければ時給でもありません。

どれだけ稼ぐかは全て自分にかかっています。

その分、「この来月はこれくらい稼ぎたいからこれくらいお仕事をしよう」とか、先の事を考えるようになりました。

ただのバイトであれば時給ですし、ダラダラ働こうがテキパキ働こうが時間内働いた分貰えますよね?

自分がこの分稼ぎたいというよりは、こんだけ働いたからこれくらい貰えるだろうって意識が近いと思います。

そうではなくて、全て自分に責任があるからこそ、お金の面でも時間の面でもお仕事の面でも管理意識と責任感が芽生えました。

このような面は人としても成長出来る気がします♪

在宅翻訳アカデミー公式HPへ TOPページを見る