虫歯は本当は怖い病気!悪化すると最悪死ぬ

虫歯は誰でもなる病気だからと甘く考えている人が多いです。
そのため、少しくらい歯が痛くても我慢してしまったり、冷たい物がしみても放置してしまいがちです。
しかし、虫歯というのは思っている以上に怖い病気です。

虫歯は放置しても自然に治る疾患ではありません。
放置すればするほど悪化してしまい、風邪のように気が付いたら治るということはありません。
初期の段階では、歯が黒くなって、冷たい物がしみるようになります。
この時に治療をすれば、すぐに治すことができますが、放置すると進行し、歯の形がだんだんをなくなってしまいます。
ズキズキとした痛みが出てきますが、歯の神経が死んでしまうと痛みすら感じなくなります。

痛くなければいいと考えがちですが、この時には歯だけでなく、顎の骨まで細菌が広がっている状態です。
骨に入り込んだ細菌が炎症を起こせば化膿して顔の形が変わってしまうほどです。
さらに、細菌が結果の中にはいると全身に菌がまわってしまいます。
最近が脳に入り込めば脳梗塞、脳腫瘍といった重度の病気を引き起こしてしまい、心臓に達すると心筋梗塞の原因になります。
これらの疾患は重症化することで死を招く恐ろしい病気です。

虫歯を引き起こす細菌は口の中だけでなく、全身に広がります。
肺の中に入れば肺炎を起こしてしまいますし、血液が腐敗する敗血症になってしまうこともあります。
これらの病気は虫歯とは関係のないものであるという認識が一般的ですが、重症化することで全身疾患になるということが分かります。

虫歯の細菌がどこに感染するのかというのは、その時々によって変わります。
しかし、悪化する前の段階で治療しておけば、細菌が全身に回ることもありません。
虫歯の治療は痛みがあるから苦手だと感じる人もいますが、初期に治療した方が痛みも少なく、治療回数を減らすこともできます。
重症化した虫歯程、治療の際の痛みはひどくなりますし、治療回数も増えてしまいます。

虫歯は本当は怖い病気です。
誰でもなると安易に考え、放置することで全身の健康を脅かすだけでなく、死という最悪の状態を引き起こしてしまうかもしれません。
痛みなどの自覚症状があれば、すでに虫歯は進行している状態です。
気づいたらすぐに歯科医院を受診して、早期に治すことがお口の健康を守るだけでなく、全身の健康を守ることにつながります。
日常生活の中でも歯磨きを習慣化し、清潔なお口の環境を保つことも大切です。