歯ぎしりで歯が磨り減る!?歯科医院に相談!解決!

歯ぎしりが長く続いたり強い力がかかる場合には、歯が磨り減る可能性が出てきます。
そして、歯の表面が磨り減ると象牙質や神経自体が露出したり、骨や歯茎に負担がかかって関節が壊れる可能性まで出てきます。
また、顎や頭の痛みが生じるような顎関節症を引き起こすこともあります。
特に顎関節症の場合には口を大きく開けにくくなったり、口を開けたときに音が出るなど、日常生活にも支障が出るような症状があるので、早めの対策が必要です。

以上のように歯ぎしりが続くと口内の健康が損なわれる可能性が高いので、その影響が大きくなる前に歯科医院に相談することが大切になってきます。
歯科医院の場合には、それぞれの状態に合った治療やアドバイスが受けられるというメリットがありますが、一般的に行われるのは歯ぎしりによって歯や顎や骨などへの負担を減らすことです。

この場合にはマウスピースで歯や歯茎を守るようにしたり、歯を覆う形にしてかかる力を軽減したりします。
マウスピースでよく使われるのが就寝時に使うナイトガードですが、この場合には保険適用が可能なので、その点でも利用しやすいと言えます。
また、痛みがある場合には、歯科医院で症状に合った鎮痛薬などの薬剤を処方してもらうこともできます。
歯ぎしり自体は治すのが難しいと言われているので、このように歯科医院で症状を抑えたり、歯や歯茎にかかる圧力を抑制するということが大切になってきます。

ただ、難しいと言っても歯ぎしりを治すための工夫や対策に関しては考えてみることが大切で、この点に関しても歯科医院の場合には多くの症例を扱っているので、相談すれば歯ぎしりの原因に関して適切なアドバイスをもらえる可能性があります。
歯ぎしりはストレスなど、精神的な原因や生活のリズムの乱れ、喫煙やアルコール、カフェインなどの過剰摂取などによって引き起こされる可能性があります。
また、逆流性食道炎などの病気が歯ぎしりの原因になるという説もあります。

そして、歯ぎしりによる症状の治療を扱う歯科医院に相談した場合は、担当医がこのような色々な原因に関して知識があるはずなので、それぞれに合った対策を示すことになり、歯ぎしりを根本的に解決することも期待できるでしょう。
以上のように歯ぎしりは歯を磨り減らし、噛み合わせを悪くしたり痛みを引き起こす可能性があるので、歯ぎしりを自覚した場合はできるだけ早めに歯科医院を受診することをお勧めします。